薬の処方

花粉症は病気でないというイメージがあるため、病院に行く事をためらう人も多いです。また花粉症は一度発症すると完治が難しいとも言われています。そのため、無駄だからと病院に行かずに済ませる人もいるようです。確かに花粉症は完治が難しい症状で、一度発症したらその後はずっと付き合い続けなければいけません。しかし薬の開発が進み、今は薬の効果も以前より期待できるようになっています。

薬花粉症は入院をしたり、寝込むような疾患ではありません。しかし鼻水やくしゃみ、痒みはやっかいな症状で、日常生活に支障が出る可能性もあります。花粉症を発症しているなら内科を受診して薬を処方してもらい、時期を乗り切るようにしましょう。

花粉症は一度症状を出してしまうと、薬での抑制が難しくなります。そのため、花粉症の薬をもらいにいくタイミングは症状が出る前がおすすめです。例えばスギ花粉なら、花粉が飛び始めるのが2月頃ですから、それより半月ほど早い1月の中旬には薬をもらい、飲み始めるようにしましょう。早めに薬を飲んでおく事で、花粉によるアレルギー反応を抑える効果が期待できます

初めて薬をもらう場合は、処方の前に血液検査でどのアレルギーに反応するのか検査が必要な場合もあります。初めての処方をお願いする場合は、検査の時間も含めて1カ月前には受診しましょう。

発症時期

飛散花粉症と言うと春のイメージを抱いている人も多いでしょう。春はスギ花粉が飛散する季節で、これに対してアレルギーを持つ人が多くいます。しかし花粉症とはスギ花粉に対する症状だけを指すのではありません。花粉は年中飛んでいます。スギ花粉だけではなく、他の花粉でもアレルギーを発症する可能性はあります。例えば沖縄県はスギ花粉はありませんが、代わりにサトウキビや菊の花粉でアレルギーを発症している人が多くいます。秋のブタクサにアレルギーがある人もいます。

年間を通して何かしらの花粉が飛んでいますから、花粉症の発症は1年に一度だけとは限りません。人によっては年に数回発症する事もありますし、一年中花粉症に悩む人も中にはいます。

どの花粉にアレルギーが出るかは個人差があります。そのため、花粉症の発症時期は人それぞれです。人口が多いスギ花粉とヒノキ花粉、ブタクサ花粉の場合、スギは2月初め頃から飛び始めます。ヒノキはスギの時期と被る3月~4月頃から飛び始める事が多いです。ブタクサは8月終わりから飛び始める傾向にあります。時期はその年の気候によって様々ですから、テレビやインターネットで花粉の飛散情報を確認しておく事がおすすめです

症状の種類

花粉症での症状には幾つかの種類があります。まず出る症状は、くしゃみや鼻水です。風邪でもないのにくしゃみや鼻水が止まらない場合は花粉によるアレルギー反応の可能性があります。アレルギーによる症状の場合は風邪薬を飲んでも効きません。今まで花粉症を発症した事のない人は風邪だと勘違いする人も多くいます。風邪薬を飲んでも症状が改善されない場合はアレルギーを疑いましょう

症状喉の痛みや違和感が現れる場合もあります。花粉による症状の場合は、痛みよりも異物感の方が強い事が多いです。しかしこれも個人差があるので、風邪と非常によく似た症状の場合もあります。こちらも、風邪薬を飲んで改善されない場合はアレルギー疾患を疑います。

花粉によって目の痒みや充血、目やにの症状が出る事もあります。一時的な埃や目の疲れでこの症状が出る場合もあります。一時的なものなのか、それともアレルギー疾患なのかの見分け方として、どの目薬が効くか経過を確認する方法があります。痒み止めの目薬にはアレルギー用とそうでないものがあります。花粉による痒みはアレルギー用でないと効きません。一般の目薬で痒みが改善されない場合はアレルギーの可能性が高いです。

どの症状が出るかは個人差があります。特定の症状だけが出る人もいますし、様々な症状が複合して出る場合もあります。

花粉症で内科受診

花粉症に悩む人は年々増えています。花粉と言えばスギ花粉を想像する人が多いようですが、花粉症の原因となるのはスギだけではありません。全ての花粉がアレルギーの原因となる可能性があります。そのため、アレルギーの症状も発症時期も人それぞれです。

診察アレルギーの症状で多いのはくしゃみ、鼻水、目の痒みなどです。どの症状が出るかは個人差がありますが、共通しているのは風邪とよく似た症状である事です。そのため初めて花粉症を発症した時は風邪薬を服用する人もいます。しかし当然ですが風邪と花粉症は原因が違うため、症状は改善しません。そこでようやく、花粉症だと気付く人もいます。

花粉の飛散時期は花によって様々です。日本人に多い花はスギ、ヒノキ、ブタクサです。特にスギ花粉に対してアレルギーを持つ人が多く、時期になると天気予報と合わせて花粉の飛散予報も発表されます。スギとヒノキの花粉は春に飛散し、ブタクサは秋に飛散します。花粉症は一度発症すると完治は難しく、その後一生付き合いが必要になる可能性もあります。そのため、花粉症はいかに花粉の時期を快適に乗り切るかを考える必要があります。

花粉症対策として有効なのは薬の服用です。花粉が飛び始める半月~1カ月前に内科へ行き、薬を処方してもらうのがおすすめです。ちなみに関内の「ほしの内科」ではアレルギー疾患(花粉症・蕁麻疹)などの診察も行っています。花粉症と聞くと耳鼻科などを思いつきそうですが、こうした内科でもきちんと対応してもらえますので大丈夫です。

一度症状が出てからでは抑制が難しくなるため、花粉の薬は早めに飲んでおく事が大切です。時期を誤らないために、インターネットなどで花粉の飛散開始時期を予め調べておきましょう。