症状の種類

花粉症での症状には幾つかの種類があります。まず出る症状は、くしゃみや鼻水です。風邪でもないのにくしゃみや鼻水が止まらない場合は花粉によるアレルギー反応の可能性があります。アレルギーによる症状の場合は風邪薬を飲んでも効きません。今まで花粉症を発症した事のない人は風邪だと勘違いする人も多くいます。風邪薬を飲んでも症状が改善されない場合はアレルギーを疑いましょう

症状喉の痛みや違和感が現れる場合もあります。花粉による症状の場合は、痛みよりも異物感の方が強い事が多いです。しかしこれも個人差があるので、風邪と非常によく似た症状の場合もあります。こちらも、風邪薬を飲んで改善されない場合はアレルギー疾患を疑います。

花粉によって目の痒みや充血、目やにの症状が出る事もあります。一時的な埃や目の疲れでこの症状が出る場合もあります。一時的なものなのか、それともアレルギー疾患なのかの見分け方として、どの目薬が効くか経過を確認する方法があります。痒み止めの目薬にはアレルギー用とそうでないものがあります。花粉による痒みはアレルギー用でないと効きません。一般の目薬で痒みが改善されない場合はアレルギーの可能性が高いです。

どの症状が出るかは個人差があります。特定の症状だけが出る人もいますし、様々な症状が複合して出る場合もあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket