薬の処方

花粉症は病気でないというイメージがあるため、病院に行く事をためらう人も多いです。また花粉症は一度発症すると完治が難しいとも言われています。そのため、無駄だからと病院に行かずに済ませる人もいるようです。確かに花粉症は完治が難しい症状で、一度発症したらその後はずっと付き合い続けなければいけません。しかし薬の開発が進み、今は薬の効果も以前より期待できるようになっています。

薬花粉症は入院をしたり、寝込むような疾患ではありません。しかし鼻水やくしゃみ、痒みはやっかいな症状で、日常生活に支障が出る可能性もあります。花粉症を発症しているなら内科を受診して薬を処方してもらい、時期を乗り切るようにしましょう。

花粉症は一度症状を出してしまうと、薬での抑制が難しくなります。そのため、花粉症の薬をもらいにいくタイミングは症状が出る前がおすすめです。例えばスギ花粉なら、花粉が飛び始めるのが2月頃ですから、それより半月ほど早い1月の中旬には薬をもらい、飲み始めるようにしましょう。早めに薬を飲んでおく事で、花粉によるアレルギー反応を抑える効果が期待できます

初めて薬をもらう場合は、処方の前に血液検査でどのアレルギーに反応するのか検査が必要な場合もあります。初めての処方をお願いする場合は、検査の時間も含めて1カ月前には受診しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket